弁護士紹介

丸山輝久(まるやまてるひさ)Maruyama Teruhisa

弁護士
MAIL: maruyama@kioicho-law.jp
弁護士会:第二東京弁護士会 1973年登録(25期)
生年月日:1943年7月1日

弁護士会関係の主な役職

1989年 第二東京弁護士会法律相談センター委員長
東京三弁護士会法律相談協議会議長
1993年 日弁連法律相談運営委員会委員長
1995年 日弁連法律扶助改革推進本部事務局次長
1994年 第二東京弁護士会仲裁センター仲裁人
1996年 日弁連司法支援センター事務局次長
2001年 第二東京弁護士会公設法律事務所(東京フロンティア基金法律事務所)所長

法律関係の公職

1986年~2007年3月 東京都板橋区法律相談員
1996年~2009年3月 東京家庭裁判所調停委員
1998年9月~2010年3月 (財)中央労働基準協会労働相談専門委員
2000年~2011年9月 東京労働局個別労働紛争斡旋委員
2005年7月~2015年9月 大宮法科大学院教授(刑事クリニック・刑事事実認定等担当)
2011年7月~2015年3月 桐蔭横浜大学法科大学院非常勤講師(刑事法演習)
2011年8月 原発被災者救済弁護団長就任 現在共同代表

著作

2003年 「隣近所のトラブルに負けない本」 (中経出版)
2011年 「刑事事実認定の基礎知識」 (現代人文社)
2015年 「弁護士という生き方」 (明石書店)
2017年 「福島第一原発事故の法的責任論Ⅰ 国・東京電力・科学者・報道の責任を検証する」
2017年 「同上Ⅱ 低線量被曝と健康被害の因果関係を問う」(いずれも明石書店)

司法書士